マインドフルネス(気づき)やセルフ・コンパッション(自分への思いやり)を用いてアトピーに伴ってQOL(Quality of Life:人生・生活の質)が低下することを和らげることができるかどうかを調べるために行います。

本研究は実施にあたり、京都大学大学院医学研究科・医学部及び医学部付属病院の倫理委員会の承認を受けております。

概要

オンライン形式で行うマインドフルネス(気づき)およびセルフ・コンパッション(自分への思いやり)の研究に参加協力していただける方を募集しています。

対象者 18歳〜64歳の男女で、これまでにアトピー性皮膚炎を診断されたことがあり、現在も症状があり困っている方。
かつホームページを見る程度にパソコンを使うことができ、安定した通信環境のある方。
ただし、デュピクセント投与中の方は参加できません。その他応募要件がございます。詳細をお知りになりたい方は「詳しいお知らせ」をご覧ください。
研究実施期間 2019年春頃〜2020年3月末(研究協力者の募集状況によって変わることがあります)
協力期間 3.5〜9ヶ月間(週に1回のマインドフルネス参加期間は約2ヶ月間です)
実施場所 ご自宅(要インターネット環境)
謝金 薄謝あり

詳しいお知らせ

1.対象となる方の主な基準

◆ 以下の基準のすべてを満たす方

  1. 男女を問わず、18歳〜64歳
  2. これまでにアトピーを診断されたことがあり、現在も症状がある
  3. アトピーの治療歴やステロイド使用の有無は問わず
  4. 研究参加登録時に、アトピーによって生活に影響があって困っている(ご参加を決定する前にアンケートに答えていただき、スクリーニングをさせていただきます。困っている度合いが一定以上高い方のみご参加いただけます)
  5. 安定したインターネットアクセスが確保されており、パソコンもしくはモバイル機器(iPadやスマートフォンなど)を有し、オンライン形式の教育プログラムへ支障なく参加できる
  6. 週に1回・90分・8週間のセッションに全て参加でき、意欲がある
  7. 数回程度行うアンケート(インターネット上)に全て回答ができる

◆ 以下の基準のいずれかに当てはまる場合は本研究へのご参加はできません

  1. デュピクセント治療を受けている、または研究参加期間中に受ける予定がある
  2. マインドフルネスやコンパッションを習ったことがある
  3. 心理療法を受けている
  4. 心的外傷後ストレス障害、急性ストレス障害、精神病性障害、パーソナリティ障害、発達障害等の診断がある
  5. その他、研究者の判断により参加をしていただけないことがあります

まずは、お気軽に、簡単な申し込みアンケートへ!

研究参加にご関心のあるかたには、まず 10 分程度のアンケート(インターネット上)にご協力いただきます。

基準に該当する方には、詳しい研究説明(インターネット上)を個別で受けていただき、十分に考えたうえで参加のご了解をいただけるならば研究登録となります。説明をきいていただいた上で、不参加を選んでいただくこともできますので、ご安心ください

2.プログラムの内容

スマイルスタディでは、インターネット上のビデオ会議システムを使って、グループを対象に毎週90分、講義と体験を組み合わせた内容で行います。オリエンテーション後、通常のセッションは8回あります。

前半に、からだ・呼吸などに集中する練習をしてから、ストレスを感じる出来事に対して普段自分がどんな風に思わず反応しているかを体感します。その後、ストレスや避けられない苦痛とどんな風に関わっていけるかについて学びます。それぞれの内容について、瞑想やゆっくりとした体の動き等をつかって一緒に体験します。

後半に、つらい状況にあるときにこそ自分に優しくあるための練習を深め、瞑想等を用いながら体験していきます。

セッションでは、グループで振り返り、感想を共有していただきます。

本プログラムの後半には、半日の瞑想会(任意参加)を行います。瞑想会についてはオンライン上でのご参加または京都大学近郊の会場で行うことを予定しています。いずれの場合も、オンライン参加が可能です。お住まいの地域は問いません。

やむを得ずセッションに参加できない方のために同じ週に振替セッション日を設ける場合があります。毎回のセッションで体験する瞑想や心のエクササイズを、毎日の生活の中で練習していただきます。

3.ご参加いただく時期についての注意事項

アトピーに対するマインドフルネスは、まだその有効性や安全性が分かっていません。そのため、本研究では、通常の治療だけの時と比べて本当に効果があるのかを確認するため、すぐにマインドフルネスを受けていただく群と、あなたの研究参加期間終了後までマインドフルネスを受けるのを待機していただく群とに抽選で分けます。どちらの群に割り付けられても、遅かれ早かれマインドフルネスを受けていただくことになりますが、参加する時期には違いがあります。

また、マインドフルネスのセッション開始時期は、参加協力者の集まり具合によって決まりますのでご理解ください。

4.プログラム内容についての注意事項

本プログラムは、心理療法ではなく、グループで行う心理教育です。個別の相談にはお応えできません。

一人になれる室内環境からセッションに参加してください。自分自身とじっくりと静かな時間を持ちながら参加していただきます。

5.研究参加までの大まかな流れ

  1. 研究参加を考えていただける方には、まず10分程度のアンケート(インターネット上)にご協力いただきます。参加していただける基準を満たす方には、事務局からご連絡します。
  2. 研究者との個別説明(インターネット上でのビデオ会議)を行う日程をご相談の上、確定します。
  3. 個別研究説明を行います。ご本人確認ができる公的な写真付き書類をビデオ画面の前に近づけていただき、本人確認を行います
  4. 十分に考えたうえで参加のご了解をいただけるならば研究登録となります。研究説明をきいて不参加を選ぶこともできますので、ご安心ください。
  5. 研究参加決定次第、事前のアンケートとして、30分程度のアンケート(インターネット上)にご協力いただきます。
  6. 一定のグループの人数が集まりましたら、今後の具体的なスケジュールを研究者からお伝えします。8回のセッションは、事前に決められた曜日・時間に毎週行います
  7. まず、オンラインビデオ会議で一同に集まって抽選会を行います。「すぐに参加していただく方」「待機していただく方」どちらになるかはコンピュータで決まるので、ご自身で選ぶことはできません。
  8. 「すぐに参加していただく方」は、翌週から毎週マインドフルネスのオンラインセッションに参加していただきます。「待機していただく方」になった方々は、セッション参加はご自身の研究参加終了まで待機していただきますが、「すぐに参加していただく方」と同様にアンケートの回答にはご協力いただきます

6.アンケートへのご協力

本研究では、研究の目的を遂行するためにデータを収集することが重要となり、参加していただく皆様全員からのアンケートの回答が非常に重要になります。マインドフルネスを受けた方と受けていない方とで、効果の差を確認する必要があるため、「待機していただく群」に当たった方は、アンケートにはご回答いただけますよう研究へのご理解とご協力をお願い致します。

7.費用

参加料は無料です。ただし、インターネットにかかる通信費や参加にかかる交通費(インターネット以外で集まることがあり得るのは任意参加の瞑想会のみ)などの費用は、自己負担となります。

お申込み・お問い合わせ

お申込み

お申込み前に詳しいお知らせをご確認ください。

スマイルスタディに参加していただけるか、まずはこちらから気楽にチェックをしてください。参加協力を希望なさる方には、事前に全員お答えいただくアンケートが表示されます。

参加していただくには、いくつか応募要件があります。要件を満たしたかたには、スマイルスタディ中央事務局より、ご連絡いたします。

よくあるご質問

掲載準備中

本研究に関する問い合わせ先

京都大学大学院医学研究科 健康増進・行動学分野
スマイルスタディ中央事務局
info@smilestudy.jp

〒606-8501 京都市左京区吉田近衛町
京都大学大学院医学研究科 健康増進・行動学分野
スマイルスタディ中央事務局

Facebook (アトピー&遠隔マインドフルネス研究 京都大学大学院医学研究科)