新聞で本研究を紹介していただきました

京都新聞(2020年1月13日掲載)に本研究について紹介していただきました。「アトピー性皮膚炎 心理教育の効果研究 京大チーム –生活の質改善 習慣受け入れ自分いたわる」

日本海新聞、下野新聞(栃木県)、宮崎日日新聞、南日本新聞(鹿児島県)等でも本研究についての記事を掲載していただいたようです。ありがとうございます。本研究はご自宅から参加できます。どちらにお住まいでも、一定の参加基準を満たしていらっしゃる方はオンライン遠隔でマインドフルネスやセルフ・コンパッション(自分への思いやり)を体験していただけます。

「普段の習慣に気づき、それをいいものとも悪いものとも決めつけずに受け入れ、自分自身をいたわる。アトピー性皮膚炎の方がそんな方法を身につけることで生活の質が改善するかどうかを調べる臨床研究を京都大のチームが進めている」(京都新聞掲載記事より)